スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更だけどブレードランナー

30年前の映画!(以下ネタバレ)


人工知能の講義か何かで、「チューリングテスト」というチャット相手が人間かコンピュータかを見分けるテストを紹介された。
その際、参考として本作「ブレードランナー」の冒頭シーン「VK(フォークト=カンプフ)テスト」までは観ていました。5年くらい前の話ですけど。
意味不明な質問を投げかけて反応を見るんですね。コンピュータはわからんことが多いとイライラするそうです。

機械とは、人間とは、生と死、などがテーマのよう。

レプリカントといういわゆる人造人間は数年すると感情が芽生え、人間に対して反乱を起こす可能性がある。そのための処置として、レプリカントの寿命は4年に設定されていた。
このあたりはターミネーターのスカイネットとかと同じような設定ですね。SFの基本ですね。現実にはそんなことは相当のブレイクスルーがなければ起こらないそうですけど。

自分の寿命はいつなのか、仲間を助けるために寿命を延ばす方法がないかを探すレプリカント。作中では敵役として描かれていましたが、完全な悪役ではないと思いました。タイレル博士を殺したところやハイジャックして23人殺したことなどもありましたが。
ラストシーンでは完全に主役を食っている…と感じました。レプリカントのリーダー・ロイ役のルトガーハウアーの格好良さ。かなり痺れました!

音楽も格好いいですね。デンドンデンドンデンドンデンドン♪

ファイナルカット版を観たんですが、主人公のデッカードもレプリカント?のような予想をさせるシーンが追加されているようですね。
人間とレプリカントの違いなんてほとんどないんだよ、という風にも取れますが。個人的にはこっち。


一昔前の近未来予想図はかなり面白いですね。「強力わかもと」の小ネタやら。2019年、自我を持つコンピュータはまだまだ遠い。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶

Author:茶
ポケモントレーナーやってます。
中古屋さんで買ったパールバージョンでポケ熱が再燃。
パール、SS、ブラック、ホワイト2を所持しています。
好きなポケモンはエルレイド、エビワラー、ゴローニャ、ラプラス。

今季の視聴アニメはこの記事で

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。